お知らせ

お知らせ

ジョブドラフトの裏側に潜入!「【関西】HR EXPO」に潜入してみた♪

2019.12.04

ジョブドラフトをご利用の高校生のみなさま!こんにちは。株式会社ジンジブのキタモリです!今回、私は大阪府大阪市にある「インテックス大阪」という場所に来ました。

 

「何で来たの?」って?

 

そう。こちらの会場で、2019年11月13日~15日の3日間「【関西】HR EXPO」が開催されていたんです。私たち株式会社ジンジブも「ジョブドラフト」のPRでこちらのイベントに出展させてもらいました。

 

イベントでは多くの企業さんが出展されており、高卒2年目の北森も「自社のサービスだけでなく人財業界の事をもっと知らなくては・・・!」と考え、今回は社会勉強も兼ねて参加させてもらったのです。とても貴重な体験をさせてもらったので、今日は読者のみなさまにもお届けしますね。

 

 

HR EXPOってどんなイベント?

 

この「HR EXPO」というイベントは、「労務」「教育」「採用」など、人に関わる事業を行う企業が出展をして、課題解決にむけた商談を行うための国内最大級イベントです。年に3回「東京・大阪・名古屋」で開催しており、今回参加したのは「大阪」での開催となります。

 

この3回の開催で、なんと10万人以上が来場するそうです!

 

会場には、「ジョブドラフト 」のように就職活動や転職活動をサポートするサービスだけでなく、みなさんが会社に入社した後に、その会社で快適な社会人生活を送れるためのサービスを開発している企業さんのブースが立ち並んでいます。

 

ブースを出している企業さんにとっては、自社のサービスをアピールすることができ、来場するお客さんにとっては、このイベントで様々なサービスを実際に手で触れて体験し、利用するか検討することができる絶好の機会なのです。

 

「ジョブドラフト 」が出展した「人事関係」の他にも、「オフィスセキュリティ」や「オフィス防災」「働き方改革」など、それぞれの分野のサービスが展示されている「EXPO」も同時開催されていました!

 

 

「ジョブドラフト」ブースを紹介

 

ブース内を歩いていると、見覚えのあるマークが!

 

しかし、今回の「【関西】HR EXPO」と、過去の記事で紹介した「ジョブドラフトFes」とは、同じ青色の「ジョブドラフトTシャツ」を着ているスタッフなのに少し雰囲気が違いますね。

 

具体的に、ジョブドラフト Fesと何が違うの?という所を、わたくし北森が解説致します!

 

「EXPO」と「ジョブドラフトFes」の大きな違いは

ジョブドラフトの説明を、高校生ではなく企業に行っているという点です。

 

 

「ジョブドラフトFes」では高校生のみなさんに、「ジョブドラフト」というサービスの説明や、みなさんを採用したいと思っている企業さんの紹介を行っていました。

 

ですが、今回の「EXPO」は、ジョブドラフトに求人情報の掲載を検討されている企業さんにサービスの説明をする場となっているため、Fesとは少し違う雰囲気なのです!

 

高校生の就職先の選択肢を拡げるために、多くの企業さんにジョブドラフトをご利用いただくべく、サービスの魅力を伝えることが、「EXPO」でのスタッフの役目です。このような積み重ねもあり、現在ジョブドラフトでは累計2000社以上もの求人情報が掲載されています。

 

 

会場にはこんな企業さんのブースもありました!

 

その他にも、色んなジャンルのブースが盛りだくさん!各々のブースには会社のロゴやトレードマーク、キャラクターなどが装飾されており、会社の個性に溢れていた空間でした。

 

中には私たちの会社が実際に使っている勤怠管理の「ジョブカン」を運営している会社や、誰もが一度は目にした事のある、「LINE(無料通信アプリ)」や「amazon(ECサイト)」「indeed」などのブースも!

 

普段の利用者視点では中々知る事のないような最新サービスを沢山知る事が出来ました♪

 

 

他にもこんなオモシロブースを発見!

 

誰もがご存知、「カラオケのDAM(株式会社第一興商)」の機体がなんとEXPOのブースに!どうしてカラオケブースがこのイベントに?と疑問に思い、スタッフの方へ直接お話をお伺いしに行きました。

 

話を聞いたところ、この「COCOKARA」という機体は“カラオケをいつでもどこでも簡単に”をコンセプトに、1人~2人用のカラオケブースを職場や施設へ設置することができるサービスだそう。

 

社内にカラオケブースがあるなんて、息抜きにもなりますし、カラオケ好きにはたまらない職場環境ですね♪

 

 

まとめ

 

「関西HR EXPO」レポート、いかがだったでしょうか?

 

会社が人一人を採用するために、採用した社員にとっての社内環境をより良いものにするために。

 

様々な視点や分野の課題を解決するためにサービスを開発している企業さんがこんなにもあるんだ!と、他社さんのサービスに対してより関心が湧いた1日でした。

 

ブースに来ているお客さんも企業の方で、これから入社する高校生のみなさんのより働きやすい環境づくりのためにサービス内容を聞きに回っている姿を見て「私の知らない所で社内の環境改善のためにこんなにも会社の人たちは動いてくれているんだ!」と思うと同時に、「いい会社」にするための企業努力って大変なんだな。と実感しました。

 


 

EXPOは今回のような分野だけで展開されているイベントだけでなく、ゲームやアミューズメント、グッズなど、様々なジャンルで多く開催されています!このようなイベントに参加をして、多くのサービスや会社に実際に触れてみる事は、高校生のみなさんにとっても、貴重な企業研究の機会にもなると思います。

 

みなさんも機会があれば、自分が気になっている分野の「最先端」へ触れに行ってみてはいかがでしょうか?

 

ジョブドラフトNavi

ログインしてください。

本機能を利用するにはログインが必要です。