トピック

ハウツー

【手紙の例文あり】内定のお礼状の正しい書き方って?

こんにちは!ジョブドラフトナビ制作部の佐藤です!無事、希望の会社から内定をいただいたみなさん、おめでとうございます!しかし、「これで就職活動は終わり!」と安心するのはまだ早いかも。

 

内定が決まったら、その後に内定先の会社宛にお礼状を書くのがマナーです。さて、今回は内定のお礼状の書き方についてまとめてみました。

 

 

~目次~

 

1.内定のお礼状が必要な理由

2.内定のお礼状の書き方【例文あり】

3.内定のお礼状に心をこめる

4.内定のお礼状を郵送する際の注意点

 

 

1.内定のお礼状が必要な理由

 

お礼状は必ずしも書かなければならない、というわけではありません。しかし、内定先の会社はみなさんに期待をして内定を出しているので、みなさんからお礼状が届いた時、早速期待に応えてくれた嬉しさから「採用してよかった!」「もっと成長させてあげたい!」と思ってくれることでしょう。

 

このように内定先の会社の方に思っていただくことは、入社後の働きやすさにも繋がります。

 

お礼状を書くことで、感謝の気持ちや心構えを伝えることは社会人としての第一歩!今後お世話になる会社だからこそ、お礼状を書くことで好印象を与え、入社後もスムーズに働くことができますよね!

 

 

 

2.内定のお礼状の書き方

 

文章構成としては、

 

①お礼状の書き出し

②内定のお礼と感謝の気持ちを伝える

③入社に際しての心構え

④これからお世話になる旨を述べる

⑤最後に改めてお礼を書く

⑥手紙の末文

⑦署名+宛名を書く

という、7つに構成されます。

ぜひ例文を参考に書いてみてください。

 

 

 

 

3.お礼状に心をこめる

 

さあ、お礼状を書こう!…という時に、パソコンで打ってプリントしたものでは事務的で冷たい印象を与えてしまうかも。字が下手だからな…と不安な人もいるかもしれませんが、一生懸命書いた字は見る人にも伝わるものです。手書きで丁寧に、心をこめて書いてみましょう。

 

 

 

4.内定のお礼状を郵送する際の注意点

 

 

お礼状は郵送で送ります。まずは封筒の選び方から確認しましょう。

 

封筒の色は白を選ぶようにします。茶封筒はNGです!また、B5サイズの便箋でお礼状を送る場合は三つ折りで入れるため長計4号(定形郵便物)が適しています。

 

 

郵送の際、意外と忘れがちなのが「郵便物の切手料金」です。

 

2019年10月1日から通常はがきは52円から62円に変更になっています。そしてお礼状を送る際は一般的に定形郵便物として送りますが、こちらも25g以内の場合は84円に変更になっているので、サイズと重さをチェックして料金不足にならないようにしましょう。

 

 

もしも切手料金が足りなかった場合は、送付先の会社に届かず返送されてしまったり、郵便物を受け取った時に会社が切手の不足分を負担することになってしまいます。せっかく心をこめて書いた内定のお礼状を読んでもらえないなんてもったいない!最後まで気を抜かずにチェックしてくださいね。