トピック

就活情報

「ジョブドラフトよ。お前は一体何ができるんだい?」

こんにちは!ジョブライターのさくらもちです♪だいぶ寒くなってきましたね~みなさん、体調は崩していませんか?インフルエンザがすでに流行りだしているようなので、手洗いうがいは忘れずに!

 

さてさて、今回の記事ではタイトルにあるように「ジョブドラフトよ。お前は一体何ができるんだい?」について、ジョブドラフト初心者のみなさん向けにお話していきたいと思います。ぜひ最後まで読んで、うまくジョブドラフトを活用してみてください♪


 

ジョブドラフトの誕生と現在

 

 

 

2015年8月3日、ジョブドラフトは「就職を考えている高校生にもっと選択肢を届けたい!」そんな思いから誕生した高校生のための求人サイトです。2015年当時、ジョブドラフトに掲載されていた求人は主に建設・IT・飲食業界の50社ほどでしたが、2019年現在の掲載求人数はもう少しで1000社に!

 

ちなみに、高卒求人サイトの中では日本一の掲載社数です★

 

 

毎月毎月、新しい会社の情報も掲載されています。高校生に身近なアパレル店員の仕事や、資格を取得しながら手に職をつけられる仕事などたくさんあります!求人数が多いので、「こんな仕事もあるんだ!」と新たな発見ができますよ♪

 

でも、まだまだ全国の高校生の未来を輝かせるためには足りない。足りない。足りなーい!みなさんに寄り添える存在になれるように、エンジン全開でがんばろっと!

 

  


 

ジョブドラフトを使うと、どんなメリットあるの?

 

 

■条件面だけ選んで、入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することを回避できる!

 

→求人票を見ると、働く条件面ばかりが気になりますよね。けれど、ジョブドラフトを使うことで、実際に働く社員の方の様子を見ることができます。入社後に、「思っていたような仕事じゃなかった」というイメージのズレを回避することができますよ。どんな会社なのか、どんな仕事なのか、ジョブドラフトを見てみてくださいね。

 

 

■自分の興味や譲れない条件から検索して、求人を探すことができる!

 

→会社名から探すよりも、どのように探したらいいか分からない人は、「土日はお休みがいい」「残業少なめ」の会社がいいなど、就職後に希望する働き方ができる求人を探してみましょう。また、休日や就業時間など働く条件以外にも、高校生が活用している条件もあります。欠席日数が多くて就職活動が心配という人は、「欠席日数関係なし」、試験が苦手な人は「面接のみ」という条件もあるので、活用してみてくださいね。

 

 

■求人探しだけでなく、就職活動する上でわからないことや入社後の不安も解決できる!

 

→ジョブドラフトのLINE公式アカウントを活用することで、就職活動で分からないことを相談して解決することができます。不安なことや就職活動で疑問点があれば、相談してください!また、就職活動中の高校生だけでなく、就職後に感じる不安も相談してください。お役に立てる自信があります!

 

 

 

ジョブドラフトのおすすめの使い方

 

 

★「条件検索」

→何がやりたいのかわからなくて、困っている人におすすめ!

 何を探したらいいか分からない人は、「求人を探す」から気になる条件を押して検索してみましょう。 例えば、「手に職をつける」と将来良いらしいと親や先生から聞いたことがある人は、「資格支援制度あり」にチェックを入れて検索してみると、会社が資格を取得するためにかかる費用を負担し、資格取得にサポートに力を入れている求人が出てきます。

 

 

 

★「フリーワード検索」

→なんとなく、やりたい業界や職種やキーワードが決まっている人におすすめ!

検索していくうちに「このワードが気になる!」ということが出てくれば、次はフリーワードでも検索してみましょう!例えば、「ものづくり」と検索してみると、高卒から働けるものづくりに関連した求人がたくさん出てきますよ。

 

 

 

★「LINE公式アカウントで相談しながら、自分にあった会社を紹介してもらう」

→LINE公式アカウントでは、気軽に就職についての相談ができます。

ざっくり「就職活動について何をしたら分かりませーん!」でもOK!「こんな仕事がしたいです!」「こんな会社に行きたいです!」でもOK!私たちがみなさんの希望に合わせて求人を紹介します。

 

 

★特集から探す(動画特集)

→写真だけでなく、動画でも会社のことを知ることができます。

動画では、実際に働く先輩社員の様子や仕事内容について、動きを感じながら見ることができます。どんなことをする仕事なのか就職後のイメージがしやすいです。また、会社の代表や先輩社員からのメッセージからは、会社や仕事に関する熱い想いを感じられます。






 

会員登録しても、しなくても変わらない?

 

 

■会員登録しなくてもできること

会員登録をしなくても、求人票に書かれている募集要項や選考内容について確認することができます。また、求人番号の確認もできて、さらに求人票をダウンロードできます。

 

 

■会員登録したらできること

会員登録すると、お気に入りのリストを作成することができます。ジョブドラフトには、多くの求人が掲載されているので、お気に入りに入れておくことで、後から気になった求人を確認することができます。ぜひ活用してくださいね!




 

ジョブドラフトへ寄せられた高校生からの質問紹介

 

ジョブドラフトは実際に多くの高校生に利用してもらっています。

Twitterの質問箱や、LINE公式アカウントに届いている相談の一例を出すので、参考にしてくださいね。

 

■Twitter質問箱より

ジョブドラフトには、Twitterもあります!Twitterでは質問箱を設けて、様々な質問を受け付けています。その中で高校生にもらった質問をいくつか紹介します。いつでも質問を受け付けているので、活用してください!

 

 「落ち込みやすいのですが、落ち込んだ時はどうしたらいいですか?」

 「高卒での就職は難しいですか?大学に行った方がいいですか?」

 「就職を選んだ理由は正直に話した方がいいですか?」

 「面接で気を付けることはなんですか?」

 「自分の長所や短所がわかりません。やりたいこともありません。就職はできますか?」

 「第一志望の会社に落ちてしまいました。立ち直ることが出来ないのですが、これからどうしたらいいですか?」

 

https://peing.net/ja/job_draft?p=auto&utm_source=twitter&utm_medium=timeline&utm_campaign=auto_recruitment

 

 

■LINE公式アカウント

ジョブドラフトは、LINE公式アカウントを通じて進路や就職活動についての相談を随時受け付けています。ジョブドラフトに掲載している求人について、なかなか周りの人に聞けないな・・・というような就職の相談も個別にのることができます。LINE公式アカウントを通じて、内定までつながった高校生もいますし、就職活動に関するささいな疑問や質問も受け付けているので、お気軽に活用してくださいね。

 

実際に高校生からもらった相談や質問内容を紹介します!

 

 「メールを送るときのマナーはありますか?」

 「寮のある会社ってありますか?」

 「進学校なので、就職活動の流れがわかりません。」

 「通信制の高校ですが、就職はできますか?」

 「資格を持っていないのですが、就職できるか心配です・・・」

 「面接のやり方がわかりません」

 「先生を通さずに就職活動をすることはできますか?」

 

▼就職相談はこちらから

 https://www.hk-polish.com

 

 

まとめ

 

一人での就職活動は、不安や心配、疑問などさまざまな悩みが出てきますよね。求人票の情報を元にしながら、さらにどんな会社でどんな仕事ができるのか、写真と共に情報を掲載しています。その他にも高校生とコミュニケーションが取れるように、TwitterやLINE公式アカウントを通じて、気軽に相談も受け付けています。

 

先生には言えないけど、気になること、就職活動の流れがわからない、この求人が気になるなど、高校生の就職活動での悩みや疑問はジョブドラフトを活用して解決できると思うので、ぜひ活用してくださいね!