トピック

就活情報

最近の10代はタイピングが早い?!~高校生ってパソコンで文字打ってるの?~

社会人必須スペック、『タイピング』とは?

 

みなさんは、普段からパソコンで文字を打っていますか?

社会人になると、業務でパソコンを使う場面が増えてきます。その際に、文字を入力するスピードや正確さが必要になってきます。今回は「そもそもタイピングって何?」というところから「社会人に必要なタイピングスキル、練習方法」までをご紹介します♪

 

 

■タイピングって?

「タイピング」という言葉自体を聞いたことがない。というかたもいるかもしれません。「タイピング」とは、主にパソコンなどのキーボードを用いてテキストを入力することをいいます。

 

社会人1年目はパソコン業務以外にも覚える事が盛り沢山。社会人になるまでにタイピングをマスターしておけば、仕事が早くさばけるようになるので、一緒に仕事をする同期たちよりも少し先をいく事ができます♪

 

■より早くキーボードを打てるようになるには?

(実は、キーボード打ちにはいくつかのワザが存在します。)

 

①指の位置を覚えるべし!

キーボードの場所によって、それぞれ置いておく指の位置が決まっているんです。

 

基本は、左の人差し指は「F」右の人差し指は「J」に置きます。(それぞれのキーには小さな凸が付いているのでわかりやすいですね♪)

 

それ以外の指は人差し指から真横に並べて添える事で、文字を打ってからすぐに定位置に戻るという癖を付けていきます。そうする事で画面を見ずともキーボードの位置を把握する事ができます!

 

②ブラインドタッチを取得するべし!

最初はキーボードを見ながらで大丈夫!しっかりキーの位置を覚えながらタイピングのスピードを速くしていきましょう。慣れてくるとキーボードを見ずにパソコンの画面を見ながら文字を打つ「ブラインドタッチ」ができるようになります。

 

ブランドタッチは「誤字&脱字に文字を打っている途中に気づく事ができる」「画面を見ながらなので業務効率が上がる」などのメリットがあるので、タイピングを練習し、できるようになっておくと良いと思います♪

 

 

 

 

 

「ジョブドラフト高卒社員、社会人になって成長する。」の巻

 

■高卒社員の入社当時と現在のタイピング比較

 

 

今回は、ジョブドラフト高卒社員のタイピング成長事例をご紹介♪

 

 

【タイピング速度の事例】

 

その①高卒入社1年目 猫派の新卒男子くん

入社時:52文字/分

入社半年:112文字/分

 

 

その②高卒入社1年目 野球少年くん

入社時:42文字/分

入社半年:125文字/分

 

 

その③ 高卒入社2年目 お肉だいすきちゃん

入社1年目:170文字/分

入社2年目:220文字/分

 

 

その④ 高卒入社2年目 高卒の巨人くん

入社1年目:70文字/分

入社2年目:150文字/分

 

 

入社時は指1本で文字を打っていたような社員も、半年がたった今ではしっかり両手の指を全部使って文字を打てるように!

 

また、ジョブドラフトを運営している株式会社ジンジブでは今年内定をもらって来年4月に入社をする人たちの入社前研修の中でもタイピングスキル向上の時間を取り入れており、11月時点で既にパソコン業務をより速く行える基準数値200文字/分を突破している方も!

 

日々の努力が数字という形で目に見えると、成長を感じられていいですね♪

 

 

 

次はタイピングの練習を行うために使うオススメ練習方法をご紹介します!!

 

 

 

 

 

タイピングソフトで腕試ししてみよう!

 

「タイピングって、どうやって練習すればいいの?」そんな高校生に必見!

1人で修行するも良し、周りの人たちと競い合うも良し!

オススメのタイピング練習ソフトを、高卒社員のプレイ感想と一緒にご紹介します。

 

 

▼オススメタイピングソフト

 

「楽しみながら成長したい人に必見!お寿司をおトクに平げよう!!」

https://www.gigafree.net/media/conv/

 

「画面がシンプルでわかりやすい!ひたすら単語を練習したい人向けです。」

http://sun.ac.jp/prof/hnagano/mikatype/mika.html

 

「出題単語のレパートリーが豊富!目指すはGood!のその先へ・・・」

https://www.e-typing.ne.jp/

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

情報化社会で育ってきた現代の高校生にとって、タイピングは標準装備!

 

初めての社会人、前述の通り入社してからは覚える事が盛りたくさんありますが、仕事の内容は実際に会社に入ってからしか覚える事ができません。

 

その中で、入社をするまでの間に他の人たちより頭1つ抜けるようなスキルの代表的なものが、「タイピング」になるのではないでしょうか。

 

 

最初は指1本、指3本からスタートかもしれません。ですが、タイピングは努力をすればするほど速くなり、誰でも仕事が早い「デキる社会人」になる事ができちゃうんです!

 

これからの情報化社会、パソコンが使えなくてはではお仕事が成り立たないような会社がほとんど。この記事をきっかけに、周りよりも少し早いタイミングで、「タイピング」の達人を目指してみませんか?