• 東京都港区

映像のプロを目指せる高卒求人があるって知ってる⁉︎そう、私たち、ジャンプコーポレーションです!

株式会社ジャンプコーポレーション

  • アットホームな社風
  • 教育・研修充実
  • クラブ・サークル活動あり
  • 体力に自信あり
  • コツコツ・黙々
  • 既卒・中退者も歓迎
  • 成績不問
  • 高収入
  • 家賃補助あり
  • 産休・育休制度あり
  • 完全週休二日
  • 障がい者手帳所有者OK
  • LGBT歓迎
  • 欠席日数関係なし
映像制作
月給24.5万円~

求人情報

この求人を一言で紹介

ジャンプコーポレーションは全国で放送されているテレビ番組を制作している会社です。
映像が好き、人を笑わせたり感動させたりすることが好き、モノヅクリがしたい、自分で流行を作りたい!そんな人にはぴったりなお仕事!高卒の求人では珍しい、映像のプロフェッショナル、職人・プロになる技術を学べる会社です!

どんな会社

「ゼロから作ることの楽しさ」が、詰まった会社です!

ジャンプコーポレーションでは、テレビ番組の企画・制作を行っており、「ポツンと一軒家」や「情熱大陸」など、みなさんがよく知っている番組も多数あります。当社での制作は「自社の中でゼロからつくり上げる」ため、より深くテレビ番組づくりを知ることができるという面白さがあります!また、気心の知れた自社の社員とお仕事できる点も魅力です!若手が多く、活気あふれる社員と一緒に面白い番組をつくりましょう!

目指すは「世界に通じるディレクター」

当社が求めている社員は『好奇心の強い人』です。私たちは全世界へ映像を発信しています。いま世界がどうなっていて何が流行っているのか、自分たちなりにアンテナを張っています。当社が求めているのは「日本一のAD」を目指している方ではなく「世界に通じるディレクター」を目指している方です。皆未経験からのスタートなので最初は手探りだと思いますが、手厚く優しく教えてくれる社員がそろっており、教育担当がしっかりと教えますので安心して働いていただけます。

「映像のプロ集団」として業界を引っ張っていける会社へ

ジャンプコーポレーション全体の男女比は6:4と男性が少し多いですが、近年女性スタッフを多く採用しているため、20代に限定すると女性の割合が55%と多くなっています。20代30代40代のバランスが良く、若くして成長できる環境です。
変化が激しい時代で、10年後20年後のことは予想しにくいことも多くありますが、ただひとつ変わらないと思うのは「映像は求められ続ける」ということ。
テレビとインターネットの共存がこの後どうなっていくのか予想しつつ、そこでこそできる映像表現をし続けていたいと思います。

どんな仕事

「マスコミ業界」を知ることから始まります。

ジャンプコーポレーションに入社すると、まず最初に先輩についてイチから業界のことを勉強してもらいます。「習うより慣れろ」と現場に出ながらひとつひとつ丁寧に教えていきます。
最初は電話の応対やお弁当の発注、ロケの準備や許可申請等から始めていただきます。慣れてきたらひとりで取材へ行ったり、タレントさんのスケジュールを調整したりと様々な業務を経験する事ができますよ!

ディレクターへの道か、プロデューサーへの道か。あなたはどっちを選ぶ?

入社後は社内と社外の両方の研修に参加していただきます。社会人としてのマナーや心構えなどを学んでいただき、その後は現場にて先輩の指導の下で少しずつ仕事に慣れていっていただきます。最初は教育係として1対1で先輩が付くので、安心して業務をスタートできる環境です♪
また、当社では若手社員のスキルアップを促進しており、入社して3年後にはディレクターになるチャンスを用意しています。その他、業務に携わる中でプロデューサーとしての方向も選択ができます。ディレクターとなるのか、プロデューサーとなるのか、自分にあったキャリアを選択することができます。

ジャンプコーポレーションでは、ゼロから制作の道へ挑戦できます!

ディレクターやプロデューサーという職業には「ディレクター1級」のような国家資格は存在しません。そのため、入社前に勉強していただく必要はありません。
編集ソフトなどの使い方は入社した後に先輩社員が直接教えますので、ご準備いただかなくても大丈夫です!不定期ですが、外部講師を招いて行う編集ソフトやカメラの使い方講座等があります。会社の経費で自身のスキルを磨くことが可能です。

ここがイチオシ!!

高校生のみなさまに是非ともイチオシしたい、
この求人のポイントをご紹介していきます。

初心を忘れず、未来を見据える。これがジャンプの働き方。

ジャンプコーポレーションで働くことで、映像を編集する力や表現力はもちろんですが、多くの人と協力して作業を進める中で、協調性やリーダーシップが養われます。その他、決められた期日内で仕事をするので、間に合うように逆算し予定を立てる力、最後までやりきる責任感が身につきます。
ついつい目の前の業務だけにとらわれてしまいがちですが、「自分はどうしてテレビ業界に入り、なにがしたいのか」という初心を忘れないことで『未来を見て仕事ができるスキル』を身につけることができますよ!

自然と笑顔が溢れる空間づくりを意識しています。

オフィスは港区六本木、2駅3路線が利用可能です。駅から徒歩5分とアクセスもバッチリ!駅からまっすぐ一本道で大きな通りに面しているため安心して通勤できます。
エレベーターホール、そしてオフィスに入ってすぐ季節のお花が出迎えます。コーヒー、水、お茶がフリードリンクとして用意されているので、休憩時間には皆で飲み物片手にゆっくりと過ごすことができます。「全社員の顔が見たい」という経営者の考えから、仕切りもなくフラットな職場環境です。

社内イベント、休暇制度も充実です♪

社内の同好会としてフットサルとバスケットボールがあり、有志で仕事後や土日に集まり活動中!また、定期的に会社全体の食事会を開催しており、年齢や部署の垣根をこえて楽しい時間を過ごしています。その他にも若手社員のみで行う会議、通称「ディレクターズ会議」というものがあり、ここでは企画や技術向上など、テーマに沿って研鑽しあっています。

先輩の声

  • 入社1年目
  • T.A

「人間性」を重視しています!

私は元々映画が好きで、映像に携わりたいと思っていました。就活の際に沢山の会社をみて来たのですが、学歴やスペック、やる気などを聞かれる面接が多い中、ジャンプは人の内面を重視している点が印象的で、入社を決めました。今はまだ入社3か月なので、リサーチ業務が多いです。これは、取材先の地域ならではの行事などを下調べしたり、画像を使用する際に、許可を貰ったりするお仕事です。将来はディレクターになりたい願望があります。初めて自分が携わった番組が放送されたときは、映像の影響力の凄さを実感し、私の作ったもので見てくれた視聴者の何かが変わる!そんなものを作りたいと思っています。

最初は元気さがあればそれだけでOKです♪

入社したての頃は、パソコンをほとんど使った事がなく、その使い方を覚えることは大変でした。しかし、先輩が一から教えてくれるので、支えられてばかりです。私は性格上、早く現場に出て挑戦したいのですが、失敗するかもしれないと不安もあります。それでもフォローは絶対するといってくれるので、先輩の存在はとても心強いです。

ジャンプコーポレーションでは元気があれば楽しく働くことができると思います。皆さんはまだまだ若いので、失敗しながら様々なことに挑戦してください!

  • 入社10年目
  • K.H

高校を中退!フリーターからディレクター!

高校を中退してしばらくはフリーターとしてアルバイトをして食いつなぐ生活をしていました。そんな時に見つけたのがこの会社です。ものすごく映像がやりたい!映像の仕事しかやりたくない!と考えたことはありませんでしたが、HPの雰囲気が良かったのと「テレビって楽しそうだな」という気持ちで面接を受けたのがきっかけでした。

入社してからは大変でした。高校の授業をあまり受けていなかったため、パソコンを触ったことがなかったからです。タイピングはもちろん指一本、メールを開くのに30分もかかった私に、嫌な顔をせずに丁寧に教えてくれた先輩にはいまだに頭が上がりません。

番組制作はチームプレー!頼って頼られて、感謝して感謝される。

昔、私は人に頼ることが苦手でした。「人に頼るなんてカッコ悪い」って思っていた時期もあったと思います。しかし先輩や後輩たちと一緒に仕事をしているうちに、自分のそんな意地なんかより『良い番組をつくること』の方が100倍大切だと気付きました。それからこの仕事をどんどん好きになれた気がします。

「自分にできるかな」とか気にする必要はないです。私も未経験で飛び込みました!学歴や職歴が良い意味で通用しない業界だと感じています。「やってみようかな」という気持ちを大切に飛び込んできてください!チーム一丸となっておもしろい番組をつくりましょう!

  • 入社1年目
  • S.A

信頼できる人がいる。一緒に働きたいと思える仲間たちに出会えました。

私は入社して3年で一度この会社を辞めました。辞めた理由は色々ありますが、一番は「目標としていたことを達成できたから」です。満足のいく仕事ができたことで、新しいことにチャレンジしたくなり退職しました。その後2年間、全く違う業界・職種で働きました。いろいろ経験したことで、より一層この映像制作のお仕事を深く理解することが出来るようになったと思い、業界に戻ることを決意しました。

映像業界に戻ると決めた時、多くの会社から声をかけていただいたのですが「ジャンプコーポレーションに戻る!」と決めていました。なぜなら、一番信頼していたのが社長の芦田だったからです。初めて出勤した日、皆が笑顔で「おかえり!」と迎えてくれたのが嬉しかったです。この仲間たちと、これからも一緒に仕事をしていきたいです。

テレビの全部が好きでなくてもOK!興味がひとつでもあればきっと楽しめる!

バラエティー、ドキュメンタリー、ニュース、テレビなら何でも好き!という必要は全くありません。テレビに関係することで、なにかひとつでも好きなものがあればきっと楽しく仕事ができると思います。好きなアイドルがいる!声優さんが好き!など何でも大歓迎です!実はわたしも好きな芸能人に会えるときは、とてもワクワクしています!

企業からのメッセージ

  • 代表取締役社長
  • 芦田 政和

テレビ番組が好き!そんな方をお待ちしています。

ジャンプコーポレーションでは、多くの制作会社がある中でも撮影から編集までを自社で賄う事が出来る体制を整えており、主にドキュメンタリーや情報系の番組を多く取り扱っている会社です。
当社での仕事は、誰でもボタンひとつでかんたんに見る事の出来るテレビに自分の趣味や想いを反映させる事ができ、「どう見せたいか」を映像にのせて届けられることが魅力。「テレビが好き!」という気持ちがあれば、業界で活躍できる事間違いなしです。

~高校生の皆さんへメッセージ~

私自身の最終学歴は専門学校で、専門学校を卒業し20歳でこの業界に飛び込みました。自分が入った2年後に同い年の大学新卒の方が入ってきましたが、経験やスキルは早く入った分大きな差として感じられました。このことは高卒社員として入社する大きなメリットだと考えています!
業界未経験でも問題ありません!実際に現場から学ぶ事が本当に多く、入ってみないとわからない事がこの仕事には山ほどあります。
テレビに夢がある方なら、是非当社へ飛び込んできてください!

会社情報

株式会社ジャンプコーポレーション

住所
東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル7階
設立年
1995年
代表者
芦田 政和
この会社のHPを見る