• 群馬県伊勢崎市
  • 群馬県太田市
  • 埼玉県熊谷市
  • 埼玉県行田市

人と人の心をつなげるお手伝いを       ~お菓子を通じて「幸せ」な瞬間を~

株式会社 梅林堂

  • 創業50年以上
  • アットホームな社風
  • 若手社員活躍
  • 高卒先輩社員が活躍
  • 産休・育休制度あり
  • マイカー通勤OK
  • 障がい者手帳所有者OK
  • LGBT歓迎
  • 欠席日数関係なし
  • 交通費全額支給
店舗販売スタッフ
月給15.6万円~

求人情報

この求人を一言で紹介

梅林堂では、和・洋菓子の商品開発、製造から販売まですべてを行っています。
その中でも、お客様と直接触れ合う「店舗」での販売・接客のお仕事、またそれに関わる運営のお仕事に興味のある方をお待ちしております。
商品のおいしさを追求していくのは当然ですが、私たちは地域のお客様のお役に立ちたい。喜んでもらいたい。という想いで接客をしています。
店舗でお客様と向き合うのは大変なことでもありますが、笑顔が直接見られるのは販売職だからこそ。やりがいを感じられるお仕事です。
老舗の菓子屋としての誇り、確かな技術、お客様との信頼関係、大切に守ってきた梅林堂の味…全てを一緒に大きく育てていきましょう!

どんな会社

梅林堂のお菓子へのこだわり

梅林堂の特徴…それは私たちの生み出したお菓子にあります。
  先あじ、中あじ、後あじ。
  風味、余韻。
そのどれもが梅林堂ならではの味わいです。
小豆、米粉、バター、果物などの基本となる素材の選別や、煮る、練る、焼く、蒸す、包む、折るといったお菓子作りの技術や技能の磨き込み、徹底的なこだわり、そしてお客様にお届けするための試行錯誤の連なりが、個性的で豊かな味わいのお菓子を育んでいきました。今でもおいしいお菓子作りの探求には余念がないのは「たくさんの方に喜んでいただきたい」という思いが根底にあるからです。

和菓子でも洋菓子でもない、埼玉のお菓子…「やわらか」

「やわらか」は、生サブレという和菓子でも洋菓子でもない、新しいお菓子です。
おまんじゅうのように「包む」という製法で、あんこのかわりにホワイトチョコを包みました。
素朴ながらも味わい深い心癒されるやさしい甘さは、都会でもなく田舎でもない、埼玉という土地に住まうやわらかい人たちのよう…。

埼玉県のお菓子を作りたい…。

この地で長年お菓子を作り続けてきた当社だからこそ、作ることができた埼玉のお菓子です。
「やわらか」は、梅林堂を支え続けて下さったお客様からの贈り物だと私たちは考えています。
ひとりでも多くのお客様にこの美味しさを届けることが、これからの私たちの使命です。

『願』(経営理念)

『願』とは、個人的なねがいごとや個人的な欲求のことを言うのではありません。
世の中の人々の幸福を心から願う考え方のことを言います。

個人的な欲求や欲望を持つことは、人間である以上やむを得ないことです。
しかし、私たちは同時に他の人々の幸福を願うことが必要ではないでしょうか。
多くの人の役にたつのは難しくても、誰かひとりでも「あなたがいて良かった」と思ってもらえるように、お客様だけでなく一緒に働く仲間の幸福を真に願って努力することが必要だと考えています。

お客様のひとりひとりの違うニーズにできるだけ答えられるように。
お菓子を囲んだ人々が笑顔になっていただくように。

どんな仕事

お菓子は「大切な人へのギフト」

梅林堂にご来店されるお客様の多くは、誰かへの《ギフト》を購入するためにいらっしゃいます。そのために必要なのは、「販売」だけでなく「接客」です。
「販売」は、店頭に商品を陳列したり、お客様が選んだお菓子を袋に入れたり包装したり…
レジをしてお金を頂き、商品をお渡しする…という、スーパーやコンビニでも見られるお仕事。
「接客」は、お客様からお菓子を購入する理由を聞き出し、目的に合ったお菓子を一緒に選んで差し上げること。
そのためには、お客様とたくさん会話をしご納得していただいたうえで安心して購入していただく必要があります。
梅林堂では、お客様との会話を大切にしています。
お客様の想いがお菓子を差し上げる方に伝わるように、
接客を通じて「人と人の心をつなぐお手伝い」をしていきたいと考えています。

作りたて、ほやほやです!

梅林堂は、製造から販売までを一つの会社で行っています。
お菓子を作る職人さんは、朝の暗いうちから出勤してお菓子を作りはじめ、
その作りたてほやほやのお菓子を自社の配送さんが店舗に届けます。

お店に到着したほやほやのお菓子をパックに詰めたり、商品名や食品表示の入ったシールを貼ることで商品が完成します。
その他の商品にも、タグを付けたり装飾したり…そんなひと手間がお菓子をおいしく魅力的に見せてくれます。

店舗の皆さんは販売をするだけではありません。一緒に商品を作っています。
製造販売の会社ならではのお仕事です。

包装のプロ!

梅林堂のギフト包装は、セロハンテープを使っていません。
頂いたお菓子の包みのリボンをほどき、はらはら…と広がる包装紙の美しいこと…。
お菓子の専門店だからこその気遣いです。
包装を先輩たちのように素早くきれいにできるようになるには練習が必要ですが、必ずできるようになります。
お客様に「この販売員さんだったら、お任せできる!」と信頼されるためにも、包装のプロを目指しましょう!
※研修もしっかりありますので、安心してください。

ここがイチオシ!!

高校生のみなさまに是非ともイチオシしたい、
この求人のポイントをご紹介していきます。

日本の文化を知ることができます!

日本には、一年を通してたくさんの行事(お盆・お彼岸・ひな祭りなど)があります。
また、地域ごとの慣習や人生でのイベントなど実に様々な場面でお菓子が使われています。
梅林堂では、その行事やイベントに合わせたお菓子創りをしています。
またそのお客様の用途に合わせた掛け紙や仕上げのご提案などもしています。
お仕事をしながら、日本の行事や風習を知ることができ生活の知識が増えていきます。
将来、いろいろな人生の場面で必ず役に立ちます!

コミュニケーション能力が上がります!

梅林堂の接客では、お客様と会話をすることが必要です。
もちろん、日常会話のようなやりとりも必要ですが、それだけでは商品は決まりません。
もっと必要なのが、的確にお客様のご要望をキャッチしてお客様の想像に近いものをご提案すること。
それには、しっかり聴くこととお話をすることが必要です。
みなさん始めはできませんが、会話をしていく機会が増えると引出しが増えていきます。
どんどん、コミュニケーション能力が上がります!

地元で長く勤務できる!

梅林堂は、埼玉県に28店舗・群馬県に2店舗・東京に1店舗あります。
店舗間の異動はありますが、基本は自宅から通える範囲のみの異動です。
引っ越しなどをせず地元を起点にして生活をすることができ、長く勤務ができる環境です。
そのため、店舗スタッフの中には35年勤務している方もいるほどです。
育ってきた環境に感謝をしながら、地元に貢献をしていきたい方、ひとつの会社でじっくり働きたい方、一緒に梅林堂を盛り上げていきましょう!!

先輩の声

  • 店舗勤務
  • 高卒入社2年目
  • Sさん

ありがとうと言ってもらえる!

梅林堂に入社をしようと思ったのは、日本の文化に興味があり、「和」に携わる仕事をしたかったからです。
その中でも「お菓子」のデザインやパッケージのきれいさに惹かれました。
入社した時は、商品が多いし季節によって変わるので、覚えるのが大変でした。包装も初挑戦で慣れるまで大変でしたが、同期と一緒に研修で頑張りました!
一番うれしかったことは、お客様に「助かったわ。ありがとう。」と言ってもらえること。
地元のお客様に「また来るね」と言ってもらえたり、ご年配の方から小さなお子様までたくさんの人が笑顔になることが、一番の励みになります。

頼ってもらえる先輩になりたい!

店舗に配属になってすぐは、なかなか積極的に前に出て行けませんでした。
でも、ベテランの先輩たちがいつもフォローしてくださいました。
お客様の注文を間違えた時もそっと助けてくれたり、お客様との会話を盛り上げてくれたり…。本当に優しい先輩ばかりで、いつもたくさんのことを学んでいます。
もっと成長して、そんな頼れる先輩たちのようになりたいと思っています。
社会人になって身についたことは、責任感ときれいな言葉遣いです。
今後の課題は、もっと日本の行事やマナーについて学ぶこと。
家族を持っても、ずっと地元で仕事を続けていきたいです。

  • 店舗勤務
  • 高卒入社2年目
  • Tさん

お褒めのメールを頂きました!

梅林堂に入社するきっかけは、友達が学校に持ってきた「やわらか」。もともと甘いものが好きだった私がはまるほど美味しくって衝撃を受けました。そこで初めて梅林堂を知り、興味を持ちました。
入社して感じたのは、人に関わるお仕事の大変さ。自分が手におえないって感じたらすぐに先輩にバトンタッチしています。その先輩の対応を聞いて、次は自分でできるようにしよう!と思ってやってきました。
先日、閉店をしようとしていたところに「誕生日のケーキありませんか?」と慌ててお客様が来店されました。そのお客様は恐縮されていましたが、できる限りの接客を行い、プレートに名前を書き「おめでとうございます!」とスタッフみんなでお祝いをしました。その後、本社にお礼のメールが届いたのです!うれしくってそのメールを印刷して家に飾っています!

梅林堂で一番忙しい店舗!

私の所属している店舗は、梅林堂で一番売り上げが高く忙しい店舗。お盆やお彼岸、年末年始などお客様がたくさんご来店される繁忙期は、どれだけ効率良く動けるか…を先輩を見て学んでいます。入社したての時は、どうしていいか分からなかったのですが、一年経って自分の動き方が分かってきたように感じます。
また地元のお得意様が多い店舗でもあり、「オレだけど、あれ取っておいて」なんていう電話を取ってしまったときは、びっくりしました。いまでは、数人のお客様のいつも購入される商品を覚えて、車が入ってきた時点で商品を準備しておくことができるようになりました。
難しいこともあるけど、先輩の真似をしてそれをすぐに取り入れるようにしています。最近は、店長の接客の時の言い回しをそのまま真似してます。店長、気がついてるかなぁ(笑)

  • 店舗勤務
  • 高卒入社1年目
  • Mさん

接客のお仕事をしてみたかった!

梅林堂の入社したきっかけは、ハローワークと学校の先生から勧められたから。それと、高校生の時にアルバイトをしていて接客の仕事が楽しいと思っていたし、自分に合っている気がしたので、接客ができる仕事を選びました。
入社して一カ月、アルバイトとは違う…しっかりしなきゃ…と、毎日思いながら仕事をしています。アルバイトの時と一番違うのが、接客の時の”言葉遣い”。「かしこまりました」「少々お待ちくださいませ」など、言いなれていない言葉を自然に使えるようになるまで、自分でも違和感がありました。でも一カ月が経ち、お客様の前で自然とお話ができるようになりました!

早く一人前になりたい!

接客をしていて学んだことは、こちらが「良い」と思ってやったことがお客様にとっては「そうでない」こともあるということ。それで、ご指摘を受けて少し凹んだ時もありました。次の日には、気持ちを立て直して元気になりましたよ!お客様って、いろいろな方がいるんだと勉強になります。
そんな中で、どんな方にも対応できている先輩方は凄いなあと思います。まだまだ、先輩に聞かないと分からないことが多くて、それがもどかしいという気持ちになりますが、早く一人前になって、先輩に聞かなくても対応ができるようになりたいと思っています。

企業からのメッセージ

  • 総務部
  • 採用担当
  • 井形(イガタ)

素直に受け入れること

梅林堂の店舗で勤務しているスタッフの年齢は、18歳から68歳まで…。50歳も離れたスタッフが、同じ店舗で同じ仕事をしています。そんな会社って、なかなかありませんよね。そう、ひとつの家族のようです。会社全体が、家族のような雰囲気だと感じています。
そこで勤務する上で一番大切なのは「受け入れること」
年齢も立場も境遇も全く違う人の集まりですから、自分とは感覚の違う人ばかり…。その、違いを拒否するのではなく受け入れて取り入れること。それができるひと、それをしていこう、と思えることが一番大切だと思っています。

人の前で話ができるようになります!

みなさんは、人の前で話をすることが得意ですか?積極的に手があげられますか?
きっと、苦手に感じている人が多いと思います。
接客…というと、人前でお話をするんでしょ?緊張しちゃう…。と思われるかもしれませんが、梅林堂の入社した高校生のほとんどが人前で話をすることが苦手でした。
ところが入社時の研修を経て、みんな克服しています。
梅林堂では、入社後店舗に配属になるまで約2週間、新入社員研修を行っています。
接客の際に必要な商品知識はもちろんのこと、社会人として働くということ、そして人前で話ができること…を中心にカリキュラムを作成しています。
店舗に配属になるころには、自信を持ってお客様とお話ができるようになります!

会社情報

株式会社 梅林堂

住所
埼玉県熊谷市佐谷田1000-1
設立年
1952年
代表者
栗原良太
この会社のHPを見る