お知らせ

Lt%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90リリース

N高校専用の求人サイト「JOBドラフト@N高」が、 N高のプログラミングクラスの授業とLT大会見学会を開催!

~N高代々木キャンパスにて、約10社の企業が参加~

高校生のための就職・採用支援を行う株式会社ジンジブは、2018年6月27日(水)に、学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)(本校:沖縄県うるま市、校長:奥平博一)と協力し、代々木キャンパスにおいて、通学コース・プログラミングクラスの授業とLT大会の見学会を開催しました。ジンジブが運営する、N高専用の求人サイト「JOBドラフト@N高」の掲載企業および検討企業が約10社参加いたしました。

※LT・・・「Lightning Talk」の略で、5分間の短い時間制限で行うプレゼンテーションのこと。

 

「JOBドラフト@N高」(https://nnn.job-draft.com)は、掲載企業数No.1の高卒向け求人サイト「JOBドラフト」が運営する、N高に特化した求人サイトで、エンジニアやプログラマなどIT人材を募集する大手IT企業や中小・ベンチャー企業を掲載・紹介しています。N高は、インターネット授業と通信制高校の制度を活用し、ITグローバル教育を行うことで、実践的なスキルを身につける広域・単位制通信制高校です。両社は生徒の就職サポートに関して協力をしており、この度、N高生徒の企業研究の一環として、IT企業10社を招待し、N高代々木キャンパスの通学コース「プログラミングクラス」の授業およびLT大会の見学会を開催いたしました。

 

プログラミングクラスは2018年4月に新設された

クラスで、1年~3年生約30名で構成され、入学後にプログラミングを始めた生徒、経験のある生徒が選択しています。「JOBドラフト@N高」は、現在、本プログラミングクラスの生徒や通学コース、ネットコース共にプログラミングを学んだ生徒に使用されています。

■見学会当日の様子

プログラミングクラスの授業は講義形式ではなく、自ら課題を決めて取り組み、教師はサポートに徹する自主学習形式で、その様子を見学しました。生徒のやりたいことのサポートのため、備品も充実させ、3Dプリンタ、レーザーカッター、必要な書籍を用意しています。LT大会は、プログラミングクラスでは初めての開催で、5分間で生徒自らの経験や成果物をプレゼンしました。現役エンジニアも驚く学習環境や創作意欲が見られ、見学企業からは、「自ら作りたいものを見つけ、やってみるという意欲的な姿勢や、結論を出せる力があり将来に期待ができる」との声がありました。

現在、日本のIT技術者不足は深刻化しており、2030年には不足数78.9万人に上ると予測されています(経済産業省発表)。IT人材の育成や確保が重要視される中、両者で協力をし、未来のITグローバル人材とエンジニア採用・教育に積極的な中小・ベンチャー企業をマッチングさせることで、日本社会の活性化につなげていきたいと考えています。

 

<学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について> 

2016年4月に開校したカドカワが創るネットと通信制高校の制度を活用した新しい高校で、生徒数は現在6,784名 (2018年7月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」という理念のもと、今のネット社会に対応した新しい教育を実践します。授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受けられます。

また、高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、ライトノベル、ゲーム、ファッション、美容など多種多様なネットでの課外授業や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコースと通学コースが選択でき、2018年4月に通学コース・代々木キャンパスに「プログラミングクラス」が新設されました。

 

■学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校 (N高公式サイト:https://nnn.ed.jp/

所在地  : 沖縄県うるま市与那城伊計224
校 長   : 奥平博一
課程   : 単位制・通信制課程(広域)
卒業資格: 高等学校 普通科
N高等学校は学校教育法1条に定められた高等学校です。全日制高校と同じ卒業資格を得ることができます。