ジョブドラフト

22歳で
社会人経験4年目

高卒採用で20代の活躍を最大化し、
若手の長期戦力化を実現

0円で求人掲載!

まずは登録してジョブドラフトをお試しください。

今すぐ無料掲載する

ジョブドラフトについて

高校生に直接企業の魅力を伝える高卒求人サイト。
ジョブドラフトの3つの強みに沿ってサービスをご紹介します。

POINT1高校生へ直接アプローチ

年に2回、各地会場で開催される「ジョブドラフトFes」に、2019年は累計1,000名を超える生徒が来場しました。ブース着座から職場見学を希望した生徒の割合は51.5%です。(秋 東京会場)

POINT2高校現場へのリーチ力

担当スタッフが各高校を訪問し、高校現場との信頼関係を築いています。先生からのご要望もあり、多数の高校生の就職個別面談も行っております。

POINT3高卒採用一括した
コンサルティング

求人票の作成から高校のご紹介・全体戦略設計など、一社一社に合った高卒採用活動を、経験豊富なコンサルタントからアドバイスさせていただきます。

今すぐ無料掲載

ジョブドラフトの実績

学校との太いパイプで
高校生へ強力アプローチ
が可能!
豊富な経験から
実践的な
アドバイスが可能!
高卒求人サイトでは
圧倒的No.1の
求人掲載数!
今すぐ無料掲載

新卒採用に力を入れるなら
「今」です!

若手人材の減少が進む前に、
計画的な採用が必要です!

若手人材の人口は
約20年後…

現在の
70%に…

出典:『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)』国立社会保障・人口問題研究所

これからの高卒採用の形

これまでの高卒採用では、求職者である高校生と、採用側である企業の間に高校が入って仲介をする役割を果たしていました。このフローの場合、高校生を採用したい企業は、高校生へ直接のアプローチができず、仲介役の高校の先生にアプローチをして、会社の魅力を伝える必要があります。しかし、間に高校の先生を介することで自社の魅力を高校生にまで届けられない、と悩む企業が多くなっている現状があります。

そのような中で、高校生の就職活動の形を変えていこうという社会的な動きが強まっています。高校の先生を仲介とする就職活動は、未成年の高校生を守る、という意味では重要ですが、一方で、高校生が企業の情報を充分に収集できない、選択肢が狭められてしまう、というデメリットもあります。そこで、ジョブドラフトは、高校生と企業を直接繋ぐ形の採用活動を提唱しています。今後は、高校生が自ら企業を探し、応募をする流れも強くなっていきます。時代の流れに後れをとらないよう、今から、高校生へ直接アプローチできる手段を持っていくことが重要です。

無料掲載を申し込む

今すぐ無料掲載